HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

何故か?

Excite <雑記帳>カップ酒日本一は沢の鶴「吟醸・ひとはなぐらす」
 ◇カップ酒だけを対象にした初のコンクール「日本酒チャンピオンズ・カップ05」(主催・酒文化研究所)の最終審査が6日、東京で開かれた。

 ◇日本酒の消費量はここ数年減少しているが、「難しく考えず、カップ酒で気軽に楽しんで」と主催者。一般の愛好家約200人が、1次審査を勝ち抜いた40種類から日本一を選んだ。

 ◇グランプリは沢の鶴(神戸市)の「吟醸・ひとはなぐらす」。専用カップを開発し、女性にも飲みやすい商品を目指した。「おじさんの酒というイメージを変えたい」という。【古田信二】


何故日本酒の消費量が減っていったのか? 酒税、カロリー、様々な問題があると思うが、前回のブームの時にプレミアが付きそれに嫌気がさしたのも、間違いなくあると思う。
一部の業者や一部の販売店の利益がとてつもなく、庶民が手が届く範囲のモノでなくなったのも、せっかく地道に地酒ブームで盛り上げたのを水を差した状態にしてしまったのではないか? 今や焼酎ブームが世をさらっているが、ここでもまた同じようにプレミアがつき高額になった商品が結構ある。 「蔵」自体もそれが自分たちのステイタスだと感じているようで、また日本酒の「にのまえ」になるのではと思ってしまう。
話はもどって気軽に飲めるカップ酒。
原点に戻った感じがする今回のイベント。
日本酒=おじさん そんなものは前回のブームの時に無くなったと思ったが・・
がんばれカップ酒。
[PR]
by neti | 2005-11-06 22:54 | 時事