HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ほんとに?

Excite<耐震偽造>近隣住民が悲鳴 「いつ崩れてくるか不安」と
姉歯(あねは)建築設計事務所による耐震構造計算書の偽造問題で、震度5強程度で倒壊の恐れがあると指摘されたマンション近隣の住民が悲鳴を上げている。マンション外壁から自宅の塀まで50センチしか離れていない家もあり、住民は「いつ建物が崩れてくるか、不安でたまらない」と訴える。建築主の中には、こうした住民への一時退避のための費用を出すところも現れたが、住民の不安は消えない。【桐野耕一】

 ヒューザーが建築主の東京都墨田区のマンション「グランドステージ東向島」(11階、36戸)。南隣の住民らは建設計画が示された2年前、マンションの外壁と付近住宅が狭い場所で50センチしか離れていないため反対の声を上げた。しかし、押し切られるようにマンションは完成したという。

 南隣の4階建て住宅に住む男性(52)は「だから反対したのに。それが今度は崩壊の危機? しゃれにもならない。一刻も早く取り壊してほしい」と語気を強める。また隣に住む男性(79)は、地震に備えて1週間分の水と食糧を用意しているが、「建物も耐震設計にしたのに、上から崩れてくるなんて想定外だ」と憤る。

 年内にも取り壊すことが発表されたシノケンが建築主の新宿区にある「スカイコート西早稲田」(10階、47戸)。引っ越しする入居者を横目に、3メートルほど離れた隣接の木造住宅に住む主婦(80)は「部屋が空になってもマンションが崩れることに変わりない。明日地震が起きるかもしれず、今まで地震の時は家でじっとしていたけれど、今度は揺れを感じたら飛び出さないと」と心配そうに語った。

 シノケンは24日、港区にある「ドルチェ芝浦・弐番館」(10階、18戸)のオーナーや近隣住民を対象に説明会を開き、近隣住民に対しても一時退避のための費用などを補償することを明らかにしたが、隣接するマンションの住民は「通勤などの関係で、簡単には引っ越せない。そういう状況も理解していないのでは」と話している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この事件だけじゃないだろって?
みんな疑心暗鬼。
「東京都建築士事務所協会」には問い合わせ殺到だとか。
まぁそりゃそうだろうなぁ。
癒着が原因の今回の事件、他でもリークされて波及しそうな予感。
万が一日本中の建物で半分くらいしか建築基準をみたしてなかったら、
国はなんていうんだろう?
[PR]
by neti | 2005-11-25 13:09 | 時事