HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コメントが泣かせるねぇ

Excite <邦人拘束>どんな使命感で行ったのか 斎藤さんの弟が会見
イラク西部で武装グループに拘束されたとみられる斎藤昭彦さん(44)の弟で会社員の博信さん(34)が10日夕、実家のある千葉市の公民館で会見した。「どんな使命感を持ってイラクに入ったのか。会って直接聞きたい」「重傷を負っていたら、せめて手当をしてもらいたい」。長らく音信が途絶えていた兄の消息を、思いも掛けない形で知った博信さん。おえつで言葉が詰まり、着ていたヨットパーカーで涙をぬぐいながら心境を語った。【神澤龍二、森禎行】

 午後5時過ぎから始まった会見には博信さん1人が出席。博信さんと二人暮らしの父、正蔵さん(72)は体調を崩し、会見に姿を見せなかった。博信さんは席に着くと、「今日は兄のために……」と切り出したが数秒間、おえつした。その後、「日本国民の皆様にご心配をおかけしまして、誠に申し訳なく思っております」と深々と一礼した。

 昭彦さんは地元高校を中退後、陸上自衛隊に入り、第1空挺(くうてい)団所属を最後に除隊。博信さんによると、昭彦さんはしばらく、アルバイトを転々とした末、連絡が途絶えたという。博信さんがブラジルにサッカー留学をした90年か91年ごろ、昭彦さんから「おれもブラジルにいてエンジニアをやっている。会おうか」と連絡があったが、その時は都合で再会できなかった。

 最後に会ったのは昭彦さんが8〜10年前に実家に戻って来たとき。しかし、ほとんど仕事の話はなく別れたという。03年11月に母親が亡くなったが、その年の夏に、ワインやチョコレートが実家に届けられた。送り主の名前はなく、手紙も添えられていなかったが、博信さんは「(兄が母親の)最期を悟ったのか、と思った」という。

 事件の一報は10日午前2時過ぎ、外務省から入った。自宅で寝ていた正蔵さんが応対し、「(昭彦さんが)イラクで拘束されている可能性がある。身元の確認をしてもらいたい」と言われたという。その後、博信さんが仕事から帰宅し、午前4時からのニュースで流れたパスポートの写真を見て、本人と確認した。正蔵さんはしばらく声が出ず、博信さんも「なぜ兄がイラクに…という気持ちだった。考えられなかった」とショックを受けたという。

 「(兄は)44歳で立派な大人。報道で知る限り、かなり前から特殊な任務に就いていたようだ。それが事実なら、今まで拘束された誰よりも危険性を知って、イラクの地に赴いて危険な仕事をやっていたと思う」。政府に望むことを聞かれた博信さんはこう答え、続けた。「イラク政策を変えることなく、揺らぐこともなく、兄の件とは別に主体的に(自衛隊が)イラクにいるべきかどうかを考えてほしい。いるべきだと思うなら、日本政府を支持します」と淡々と語った。一方で、「兄に対して何を伝えたいか」という質問に対して「何のためにイラクに行き、どんな使命感でやったのか。こういう結果になり後悔はしていないのか問いたい」とかみしめるように話した。武装勢力には「兄は重傷を負っていると聞いている。せめて手当てをしてもらいたい」と訴えた。さらに、「思っていることはありますが……、(兄の拘束が)イラクのためになるのか」とも語った。昭彦さんには博信さんのほか弟1人がいる。

金のために行ったかもしれないが・・
どういう経路で行ったか定かでないが
弟さんの言葉が泣かせるじゃないですか。。
家族が拘束されてこういう言葉を言えることは涙もんですよ。

巷じゃエリート傭兵だっていわれてるようですが
「フランス外人部隊に21年間所属」なんていうのもwebで見かけました


是非アメリカンさんよ、助けてくれよな。
もちろん日本も動くべし。動いてるだろうけど。。
[PR]
by neti | 2005-05-11 04:09 | 時事