HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

見学

Excite <愛知万博>「サツキとメイの家」ガラガラ 学校枠使われず
愛・地球博(愛知万博)の人気館「サツキとメイの家」で、遠足などの小学生が優先観覧できる学校団体枠が事実上、使われず、毎月10日以上の空きが出ている。応募締切が約2カ月前と早いうえ、「一般予約では入手不可能なプレミアチケット」というイメージが先行。万博協会の積極的なPRもなく、応募が1件もない月まで出る状態が続いている。
 同館は完全予約制で1日の見学者は約800人。当初はコンビニの情報端末で申し込む方法だったが、アクセスが殺到したうえ、無料の入館引換券がインターネット上に高額で出品されるなどのトラブルが相次いだ。
 このため、万博協会は6月分からはがきに入場券番号を記入して申し込む方法に変更。はがきは20万通を超え、当選確率はわずか約4%だった。
 こうした一般観覧とは別に、協会は学校行事用に優先枠を設けている。学年・学級単位で申し込む方式で、9月22日までの毎日午前10〜11時に約100人が入館できる。
しかし、応募は希望日の属する月の2カ月前の20日必着のため、5月20日に締め切られた7月分は、土日を含めた19日分に応募がなかった。
 4月分は締め切りが2月17日と前年度だったためか、1件もなし。遠足シーズンの5月も15日分、6月は10日分に応募がなく、合計で約7400人分が一般観覧分に振り替えられた。
会場には平日は連日1万人以上の小学生が訪れ、同館は「最も行ってみたいパビリオン」だが、引率教員もこうした空きの状況はほとんど知らず「倍率も高いと聞くし、当選するわけがない」と最初から断念するケースが大半。また「そもそも締め切りが早過ぎる」などの不満も強い。こうした状況に対して協会は「7月は夏休みに入るため応募が少なかったのでは。優先数が少ないという苦情はなく、枠を広げる予定もない。当選倍率も公表する必要がない」(担当者)と事務的な回答をするだけ。空きの事実を知った教員からは「空いているなら直前まで受け付けるなど、柔軟な対応をしてほしい」と、改善を求める声が高まっている。【大島有美子】


見学してもらって初めて意味のあるモノになりますよね
まぁお弁当の件の時みたいに人に優しい対応を願いたいです。
[PR]
by neti | 2005-05-27 12:20 | 時事