HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人に優しい。。

Excite
オヤジには縁遠いJ−POP主流のCD販売チャートに異変だ。クラシックの名曲100曲を集めた「ベストクラシック100」(東芝EMI、6枚組3000円)が、きょう30日付オリコンチャートで12位にランクされ、注目されている。CDセールス全般が厳しい中、どんな仕掛けが奏功したか。 同アルバムは、バッハの「トッカータとフーガ」、ベートーベンの「運命」、チャイコフスキーの「花のワルツ」など定番の人気曲を100曲収録。
 「クライマックスを集めた通常のベストと違い、これは通しで収録し、6枚で約7時間もあるのに破格の3000円。やられなと思いました」(業界関係者)
 販売元によると、4月13日の発売以来、約1カ月半で15万枚を販売。1万枚で大ヒットとされるクラシックでは異例。景気に回復感が見えるとはいえ、庶民には1枚あたり500円の“デフレ価格”が支持されるのか。「クラシックを聴きたいと思っていても、何から聴けばいいか分からなかった人たちにアピールした。このアルバムはほとんどを網羅しているので助かる−という声が多い」(販売店の売り場担当者) ディスク別に「元気が出る…」、「リラクシング…」など、リスナーの気分に合わせて分類してあるのも人気の理由。「最近、高級車のCMにクラシックが使われることが多く、親しみを感じる人が増えている。その時勢に破格の価格でフルアルバムをいち早く出したのがポイント」(音楽評論家の反畑誠一氏) さまざまなアーティストの、おいしいとこ取りをするコンピレーション盤の制作担当者にはアイデアマンが多い。これに“足で稼ぐ”若いスタッフが多い東芝EMIの、制作と宣伝が車の両輪となって成功した例といえそうだ。


やっぱり、大衆に根付いた価格だと
ファンも増えると思う
小学校の音楽鑑賞の時以外あえて手に取ろうとなかなか思わないし
こういう話題性のある時に、手頃な価格なら気分転換に買ってみようかなって思うしね。
[PR]
by neti | 2005-05-31 02:48