HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

誰のために法律があるのか?

Excite <女性教諭殺害>時効後に出頭の「犯人」を遺族が提訴
東京都足立区の小学校教諭、石川千佳子さん(当時29歳)を78年に殺害して自宅に埋め、26年後の昨年8月に出頭した無職の男(69)と同区を相手取り、遺族3人が計1億8600万円余の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が31日、東京地裁であった。法廷で千佳子さんの弟2人は「26年間も埋められたままでどんなに無念だったか。償いに時効があってはならない」と涙ながらに陳述した。一方、男と区は、損害賠償を請求できる除斥期間(20年)を過ぎており請求権は消滅していると主張して争う姿勢を見せた。

 訴えなどによると、区立中川小学校の警備員だった男は78年8月、校内で石川さんを殺害し、区内の自宅に遺体を運んで床下に埋めた。男はその後、千葉県に転居したが、昨年8月、元自宅が区画整理の対象となったことから、「更地になれば遺体が見つかって発覚する」と考え出頭した。殺人と死体遺棄容疑で書類送検されたが、公訴時効(15年)の成立で不起訴となった。

 遺族側は、請求権の起算点は遺体が見つかった昨年8月からとすべきで、区も使用者責任を負うと主張している。【井崎憲】

      ◇

 遺族らの法廷での意見陳述によると、石川さんが行方不明になった後、父親は北海道から上京して娘を探し回り、4年後に65歳でがんで亡くなった。担当医は「発病して4年経過していた」と説明した。母親(89)は、娘の消息が早く分かるようにと手彫りで仏像を作ったという。弁論は、被告側の男が姿を見せないまま約15分で終了。閉廷後に会見した弟の憲さん(54)と雅敏さん(51)は「いまだに謝罪もないが、罪は償ってほしい。法廷で当時の状況を話してほしい」と訴えた。


逃げればいいのか?
誰のために法律があるのか?何のために法律があるのか?

時代の流れにそぐわない、こういう部分も法律を改正して欲しい部分だ
[PR]
by neti | 2005-05-31 13:57 | 時事