HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー

2005年 05月 12日 ( 5 )

緩すぎ

Excite <少女監禁>小林泰剛容疑者、東京と北海道で同じ手口

東京都足立区で少女が約3カ月監禁された事件で、札幌市中央区の無職、小林泰剛容疑者(24)は、少女を監禁するためにマンションを借り、犬用の首輪や鎖などを事前に購入していたとみられることが警視庁捜査1課の調べで分かった。02年に北海道警に逮捕された事件でも、少女を自宅に連れ込んで同居させ、「見張り役がいる」などと脅して暴行していた。同課は、小林容疑者が少女を監禁する目的で上京し、同様の事件を繰り返したとみて追及している。

 調べでは、小林容疑者は昨年2月、チャットで兵庫県赤穂市の無職の少女(当時18歳)と知り合い、数回のやり取りをした後、バレンタインデーにチョコレートを贈ってもらったころから態度をひょう変させた。「やくざを送り込むぞ」などと脅して同年3月上旬上京させた。足立区内のマンションは同月5日に申し込み、1週間後に入居。同時期に近くのホームセンターで中型犬用の首輪と鎖を購入し、同月8日から104日間、渋谷区内のホテルや自宅マンションに監禁していた。「ご主人様」と呼ばせ、度々殴るなど暴行を加え、犬の首輪を付け逃げられないようにしていた。

 小林容疑者は02年、北海道江別市の当時の自宅に同居させていた21歳と19歳の女性に対する監禁容疑で逮捕され、傷害罪などで起訴された。札幌地裁の公判で、「ハーレムをつくる」などと言って複数の女性と同居し、日常的な暴行で女性を服従させたことが明らかになった。また、女性を監禁・暴行するパソコンゲームにも熱中し、複数の女性と結婚、離婚を繰り返していたという。

 札幌地検は「同種再犯に及ぶことは必至」として懲役4年を求刑。札幌地裁は03年8月、「根深い粗暴な性癖、常習性がうかがえる」と指摘しながらも示談が成立していることを考慮し、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡した。【長谷川豊】

 ◇被害少女、首輪をポケットに弁当店に駆け込む

 「追われているんです。助けてください。タクシーを呼んでください」——。昨年6月19日午後10時半ごろ、弁当店の勝手口から入ってきた少女は、泣きながら訴えたという。ボロボロの服にしみだらけのスカート姿で、ひもを持つ手が震えていた、と同店関係者は言う。店員がタクシーを乗せた際には、少女は手に1万円札を握り締めていた。「その後どうなったか心配していたが、監禁されていたと知って震えた。タクシーに乗せてあげたことで助かったのなら本当に良かった」と話している。監禁されていたマンションは2LDKで家賃12万円程度。弁当店から約100メートルの場所にある。 警視庁捜査1課によると、少女は弁当店に駆け込んだ際、首輪をポケットに入れていたという。衰弱が激しく、母親は「一回り小さくなり、頭頂部が薄くなった」と話している。現在もストレスが原因とみられる胃腸の病気に悩まされ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の疑いがあるという。【鈴木泰広】


監禁ね。
また馬鹿が現れました
それも宅間バリです
それも再犯!
司法の責任も重大ですよ
前回は
繰り返し行うことが推測され
>札幌地検は「同種再犯に及ぶことは必至」として懲役4年を求刑。札幌地裁は03年8月、「根深い粗暴な性癖、常習性がうかがえる」と指摘しながらも示談が成立していることを考慮し、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を言い渡した

そしてこのありさま!
なんだこりゃ?

今回は 被害者少女といっても当時18歳
自己判断できる年齢でしょう?
それも上京してわざわざ監禁される。
この親はまず何で上京させたのか?(理由は嘘をついて上京したのだろうが、一つも不審に思わなかったのか?)
それと、親は今まで何してたの?

それよか今5月だよね
今頃逮捕
何してたの?警察は

全体的に「頭」緩すぎ
みんな思ってるよ。
[PR]
by neti | 2005-05-12 15:05 | 時事

Excite<プロ野球W杯>来年3月に開催 イチロー、松井秀出場も
【ニューヨーク高橋秀明】米大リーグ機構と選手会は11日、米大リーグを含む野球のトッププロが参加して国別対抗で争う「第1回ワールドベースボール・クラシック」を来年3月に開催すると発表した。同日のオーナー会議で承認された。日本からはイチロー、松井秀喜両外野手の出場も見込まれる。

 北米、南米、アジア、欧州、アフリカ、オセアニアの各大陸から16カ国・地域が参加し、4組に分かれて世界各地で1次リーグを行う。日本は来年3月3〜5日に東京で開かれる1次リーグで韓国、台湾、中国と対戦する予定。1次リーグ各組2位までが米国で開かれる2次リーグに進み、18日に準決勝、20日に決勝を行うという。

 当初、ワールドカップの名称で開催を検討し、今年3月の開催を目指していたが、1年遅れの開催で昨秋合意した。次回開催は当初計画通り09年の予定。その後は4年ごとに開催する。米大リーグ機構のセリグ・コミッショナーは「スター選手たちが一同に集まり、野球人気を世界に広めることなるだろう」との談話を発表した。

 ▽ヤンキース・松井秀喜外野手 もし選ばれるようなことがあれば、ベストを尽くしたい。なおかつ、次のシーズンに生かせるようにしたい。

国内でのここ最近の野球人気の低下に歯止めがかかる、
一つのきっかけになれば良いと思う。

世界中の少年が「野球のワールドカップに出たい」という夢を持てるようになれば
また根強く野球が広まると思う
今までワールドカップはサッカーだけだったので
野球ファンは待ち望んでるんじゃないでしょうか?
[PR]
by neti | 2005-05-12 12:55

情報の撹乱

Excite 斎藤さん「致命的な傷」か 警備会社が目撃情報

【ロンドン12日共同】イラクで武装勢力が拘束したとしている斎藤昭彦さん(44)が所属する英国系警備会社「ハート・セキュリティー」は11日、目撃者の情報として、斎藤さんが襲撃を受けた際に「致命的な」傷を負った可能性があるとウェブサイト上で発表した。同社は斎藤さんが「生存しているとの望みを捨てていない」と強調した。
 日本政府関係者は12日までに、ハート社から「襲撃現場から生還したのはイラク人3人と外国人2人。米軍が約10人の遺体を収容した」との説明を受けたことを明らかにした。事件の目撃者は「斎藤さんはかなり重い傷を負って、ぐったりした様子だった」と証言しているという。
 政府はハート社を通じて生存者から事情聴取を進め、斎藤さんの安否確認などにつながる情報把握に全力を挙げる。
 斎藤さんを拘束したとの声明を出したアンサール・スンナ軍を名乗る組織は11日、米軍攻撃などの犯行声明をウェブサイトで出したが、斎藤さんには触れなかった。

外務省が言うように
一喜一憂しないで冷静に判断しなければいけない

日本の反応を向こうは見ているのだから。
[PR]
by neti | 2005-05-12 12:48 | 時事

会社の体質

Excite <TBS>記事盗用は17件 部長が外部筆者に責任転嫁 TBSの公式ホームページに掲載されていたコラム「ダッグアウト」が読売新聞の記事を盗用していた問題で、TBSは11日、盗用は毎日新聞、朝日新聞も含め計17件の記事に及んでいたと発表した。このほか5〜6件の記事も盗用した疑いがあり、確認を急いでいる。盗用したのは当初発表していたフリーライターではなく、すべてTBSテレビ編成制作本部スポーツ局担当部長(47)が行っていた。社内調査が始まったため、ライターが執筆したことにするよう責任を押しつけていた。TBSはホームページからこのコラムを全面的に削除し、同日夜の記者会見で「関係者に深くおわびします」と謝罪した。
 TBSによると、これまでに判明した盗用は毎日新聞から11件、読売新聞5件、朝日新聞1件。このうち3月11日付の「セカンドライフ(2)」と題した回では、本紙3月3日付朝刊「ひと」欄の記事をほぼ全面的に盗用していた。TBSは10日の段階で、問題のコラムは社員や契約ライターら複数で執筆し、盗用は30代のフリーライターが行ったと説明していた。しかし、その後の社内調査で、このライターは「自分はコラムを執筆していなかったが、部長から『たまたま書いたことにしてくれ』と頼まれて『分かりました』と言ってしまった」と告白。改めて担当部長に事情を聴いたところ、盗用を認めたという。この部長はスポーツ部門の記者やデスクを務めた後、同社ホームページの編集長などの仕事をしていた。01年3月から先月まで計137本のコラムの執筆にかかわり、「デスクになって話題に乏しくなり、03年半ばから自宅に置いていた新聞記事のスクラップなどから盗用するようになった。魔が差した」などと話しているという。記者会見したTBSの昆洋隆(こんひろたか)広報部長は「記事の盗用というあるまじきことを繰り返し行い、しかも自らの責任を転嫁する虚偽の説明を行っていたことは誠に遺憾。厳正に対処する」と述べた。【須山勉、木村健二】

ほんとに盗用したのはこの人だけなのか?
元記事が公にふれていたからわかったのであって
一般の人が書いた記事からも盗用はあったかもしれないよね
昨日は偶然似る時もあるとブログで書いたが
もちろんこの人を擁護するわけで書いたわけでない

マスコミにおける個人の犯罪というより、
会社の体質を疑われる
そんな気がしてならない。
[PR]
by neti | 2005-05-12 12:31 | 時事

潔さ

Excite <イラク邦人拘束>「高い確率で帰ってこない…」弟が会見

イラクで英系民間軍事会社社員の斎藤昭彦さん(44)がイスラム武装勢力に拘束されたとみられる事件で、弟博信さん(34)が11日午後、千葉市花見川区役所で会見。同日午後2時半ごろ、外務省から正式に「襲撃事件が確実にあった」との連絡を受けたことを明らかにした。また「(兄は)高い確率で帰ってこないと覚悟している」と小声ながらも落ち着いて語った。博信さんによると、外務省は軍事会社「ハート・セキュリティー」(本部・キプロス)のバグダッド支店や米軍関係者、近隣国政府などから情報収集したが、斎藤さんの安否は不明のままという。博信さんは「最近はイラクで拘束後に解放された例をあまり聞かない」とし、10日未明に一報を聞いた当初から「(兄が無事に帰る)わずかな望みにかけるより、戻ってこないときの準備をした方がよいと、父(正蔵さん)に伝えた」という。一方で、斎藤さんの海外生活での情報が少ないため、同社に「兄の人柄や仕事の内容を聞いてみたい」とも話した。【森禎行】



覚悟してるんだなぁ。。
弟さん。
TVで見た時に潔い会見で今までの拉致、拘束の事件の時とは
まったく違う次元の話と、一人うなずいた。

一日も早く解放を!
[PR]
by neti | 2005-05-12 00:35 | 時事