HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー

2005年 06月 07日 ( 4 )

まだ振り回すの?

Excite インテルMPUに全面移行 アップルPC、07年に
【ニューヨーク6日共同】米パソコン大手アップルコンピュータは6日、自社のパソコン「マッキントッシュ」の超小型演算処理装置(MPU)に、半導体最大手インテル製品を2006年から採用し、07年には全面的にインテル製品に移行すると発表した。これまで使用してきたIBM製から最大手のインテル製に切り替えることで、価格競争力を向上させる。
 同日、開発者向けに講演したスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は「最強のMPUを持つ最高のパソコンを生み出すために、次の10年をインテルの技術に託す」と表明。性能や価格面で激しい競争が続くパソコン業界で生き残るため、方針を転換したことを明らかにした。



なんかどうでもよくなっちゃう話。
いつものことじゃんapple

っていうか、今頃おそいっっつうの!

デュアルで対抗も明日が見えてきたものね
しかし、G4 OS9作動の中古価格が下がらない日本の実情見えてます?

ユーザー離れちゃうよ、
ここまでするならよっぽどの低価格にできるんでしょうね?
[PR]
by neti | 2005-06-07 15:35 | 時事

変なの。

Excite <和歌山毒物カレー事件>林被告の夫が刑期を終え出所

和歌山市の毒物カレー事件で殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けた林真須美被告(43)の夫で、詐欺罪で服役していた健治元受刑者(60)が7日、刑期を終え、滋賀刑務所(大津市)を出所した。出所後、報道陣の取材に応じ、「真須美(被告)の無罪を信じている。すぐにでも面会に行きたい」と語った。
 1審で自身が被害者と認定された真須美被告の殺人未遂事件について「亜ヒ酸は自分で飲んだ。扱いに慣れた自分が手加減して入れたので、4、5回飲んでも生きている」と話し、改めて真須美被告の無罪を訴えた。
 健治元受刑者は真須美被告と共謀した3件の保険金詐取で詐欺罪に問われ、00年10月に和歌山地裁で懲役6年の実刑判決を受けて服役した。1審で保険金詐取を巡る亜ヒ酸の使用を全面否定したが、毒物カレー事件の真須美被告の控訴審では、「亜ヒ酸は保険金を得るため自分で飲んだ」と真須美被告の無罪主張に沿う証言をした。
 真須美被告の控訴審判決は28日、大阪高裁で言い渡される。【一色昭宏】



なんだか短いような気がするのは私だけでないはず
そして会見してこんなこと言うなんてまったく反省してないんじゃない?
共謀してるのは目に見えている。

おっかしな話。
人が殺されているのに。
[PR]
by neti | 2005-06-07 15:21 | 時事

ぁーあー

Excite小学校爆破予告で男逮捕 森永製菓に現金要求か

小学校に「学校を爆破する。1000万円振り込め」と脅迫メールを送ったとして警視庁捜査1課は7日、威力業務妨害の疑いで東京都中野区中央、無職家重博容疑者(32)=大麻取締法違反罪で起訴=を再逮捕した。
 家重容疑者は大麻密売グループの一員とされ、金の振込先には敵対する密売グループの銀行口座を指定。「密売を妨害されたので報復のためにやった。恐喝の内容のメールをすれば警察が敵対グループを逮捕してくれると思った」と供述しているという。
 調べでは、家重容疑者は昨年10月17日、東京都三鷹市の市立小が開設するホームぺージの意見要望欄に「学校を爆破する。11月末日までに1000万円振り込め」とした脅迫メールを送信、学校職員を警戒に当たらせるなどして業務を妨害した疑い。
 同じ内容のメールは群馬県の村立小学校と兵庫県の市立小学校にも届いており、大手食品メーカー「森永製菓」にも昨年11月、同じ口座番号に数千万円を振り込むよう要求するメールが届いていた。捜査1課は家重容疑者の犯行とみて余罪を追及する。



馬鹿かこいつ。
報復するにも、もう少し考えろ。
[PR]
by neti | 2005-06-07 14:36 | 時事

実際

Excite マンホール内で女児死亡 行方不明で捜索中

6日午前10時15分ごろ、京都市左京区浄土寺馬場町のマンション敷地内で、同区鹿ケ谷法然院西町、飲食店経営者(46)の二女で保育園児金原未侑ちゃん(4つ)がマンホール内の水中に浮かんでいるのを、捜していた川端署員らが見つけた。
 駆け付けた京都市消防局の救急隊員らが未侑ちゃんを救出、病院に運んだが間もなく死亡が確認された。未侑ちゃんに目立った外傷はないという。同署が事故と事件の両面で調べている。
 調べでは、未侑ちゃんはマンション植え込みにある下水用マンホール(直径約50センチ)内の水中でうつぶせに浮いていた。水は深さ約1・1メートルで、マンホールの鉄製ふた(重さ3−4キロ)は閉まっていたという。



昨日の夕刊に載ってましたが、
マンホールの排水ポンプが壊れていたためホースを入れて時たまくみ上げていたみたいですね。
しかしお兄ちゃんは昼前に帰ってきたのに、
捜索願出すの遅すぎない?
お兄ちゃんも6歳なら話もできるはずでしょう?
例えお兄ちゃんが気づかなくても親とすれば不審に思わんかったのでしょうか?
凄く複雑な気持ちが絡み合ってます
この親の怒りの?
矛先はいずれ開けっ放しにしていたマンションの組合?自治会?にいくことでしょう。
作業中のものならば、マンホールの周りには転落防止の簡易柵みたいなのはなかったのでしょうか?
簡易柵のようなものがあれば 落ちるような危険性もかなりの割合で防げた思います

もちろん親の責任もかなりあると思います

しかし子供でなく酔っぱらいだって落ちるかもしれません 

でもなあぁ もしかしたら再婚か?
実の子か連れの子か?
ニュースでわからない部分って多いからな。。
[PR]
by neti | 2005-06-07 14:15 | 時事