HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー

2005年 06月 18日 ( 4 )

いかんな〜

Excite <のぞき>警察の公舎とは知らず侵入、容疑者逮捕 横浜

18日午前1時5分ごろ、横浜市西区東ケ丘の神奈川県警東ケ丘公舎で、同区西戸部町1、会社員、土田忠雄容疑者(61)が1階ベランダをよじ登ろうとしているのを、公舎に住む主婦(45)が発見。土田容疑者は主婦と主婦の長男(15)に取り押さえられ、駆け付けた県警戸部署員に住居侵入容疑で現行犯逮捕された。調べでは、公舎の敷地に入る扉は施錠されていなかった。ベランダには女性の下着が干されており、土田容疑者は「のぞきをしようとして入ったが、警察公舎とは知らなかった」などと供述している。【広瀬登】

警察の公舍なのに鍵がかかってなかった?
いけませんね、厳重注意ですね!
[PR]
by neti | 2005-06-18 14:24 | 時事

だって

Excite <反クールビズ?>日韓首脳会談はネクタイ姿で 韓国側通告
ソウルで20日に開かれる小泉純一郎首相と盧武鉉(ノムヒョン)大統領との日韓首脳会談は、両首脳がネクタイ・スーツを着用して行うことが17日、決まった。韓国政府が同日、日本政府に通告してきたと、政府筋が明らかにした。

 相互訪問方式で行われる日韓首脳会談は昨年7月の済州島、同12月の鹿児島県指宿市と過去2回、保養地で行われ、両首脳はいずれもノーネクタイでのぞみ、日韓関係の親密さの演出に一役買ってきた。しかし竹島問題などをめぐり関係が悪化した中で初めて行われる今回の会談で、服装はネクタイ姿に。
外務省幹部は開催地が青瓦台(大統領官邸)内の「極めて親密な来客をもてなす」ための韓国式家屋「常春斎」で行うことを強調、「くだけた服装で会談が行われることの方が不自然」と説明するが「ノーネクタイで厳しいことを言い合っても国内向けに説得力がないし、ふさわしくない」(日韓関係筋)との判断が韓国側に働いたようだ。【高山祐】



ジャージじゃ困るよね日本の代表が。 大笑
国内ではクールビズでいいかもしれないけど
ネクタイ締めて気を締めて、しっかりとした主張をしてもらいたい。
[PR]
by neti | 2005-06-18 14:16 | 時事

いいのかい?

Excite肖像権「野球カード」で選手会が提訴
日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)が日本プロ野球組織(NPB)と係争している選手の肖像権の帰属問題に関し、これまで裁判の対象としてきたゲームソフトとは別に、新たに野球カードを争点とする訴えを東京地裁に起こしていたことが17日、選手会の顧問弁護士によって明らかになった。ゲームソフトはNPBがメーカーと契約したが、野球カードは各球団がそれぞれメーカーと契約しているため、今回は各球団の選手会の役員が所属球団を訴える形となり、楽天とソフトバンクは除かれている。選手会の山崎弁護士は「選手会がライセンスを持ち、球団には権限がないことを確認したい」と語っている。



もちろん金を稼ぐために仕事をしているわけだが
相撲もそうだが、こういうことを表面化させるのは
少年、少女の夢なども奪い
同時に人気を落とすことも
スポーツ選手は自覚してもらいたい
[PR]
by neti | 2005-06-18 14:09 | 時事

国技を冒涜してる

Excite 視聴率を大幅アップさせた“若貴騒動”
花田家の騒動は連日のように新たな登場人物が出てきて、花田勝、貴乃花親方のバトルがヒートアップし、目が離せない状況が続いている。
 これでもっとも大喜びしているのはワイドショーだ。なかでも“花田家効果”の恩恵を受けているのがTBSの昼ワイド「きょう発プラス!」だ。二子山親方の死去からこれでもかと連日、花田家を取り上げていて視聴率を大幅アップさせている。
TBSにとってこの昼ワイドは“魔の時間帯”とも呼ばれ、再三にわたるテコ入れにもかかわらず、視聴率がピクリとも上昇しなかった。何しろ3月下旬のリニューアル直前の視聴率が1%台という屈辱的な数字となっている。その後は出演者を一部入れ替え、放送時間を40分繰り上げて10時50分にし、企画を全面変更して再出発した。
それでも低迷が続いていただけに、今回の花田家騒動はTBSにとって神風が吹いたとしかいいようがない。貴乃花親方が部屋の前でインタビューに答え、花田勝に反論した時は番組の後半に3.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで上昇し、二子山部屋のお手伝いさんを単独インタビューした10日には5.0%を記録した。「番組では目まぐるしく変化する花田家の状況を徹底的に追いかけています。視聴者がそれを敏感に感じているのではないか」(番組スタッフ)もっとも、“花田家効果”は他のワイドショーも同様だ。「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)も先週後半は平均で8%を超え、10日は若貴騒動を扱えない「笑っていいとも!」(フジテレビ)を抑えてトップになったという。「各局の朝のワイドショーも絶好調です。今後の期待は沈黙を守る花田勝の反論と貴乃花親方夫人の景子さんの登場。とくに景子さんがしゃべれば一気に視聴率がハネ上がるのではないか」(事情通)局によっては社長賞が出るのではないかという景気のいい話が流れるなど、テレビ各局に“花田家特需”が吹いている。



こいつら馬鹿家族、お手伝いは日本の国技を冒涜している
相撲協会ももっとハッキリしたものをうちだせ
個人の問題の範疇を超えている。
これ以上相撲の恥部をあらわにするならば除名も考えろ
夢を売るスポーツ選手でこんな骨肉な争いは世界に向けて日本のスポーツ自体の繁栄に陰を落とす
[PR]
by neti | 2005-06-18 14:03 | 時事