HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー

2005年 12月 28日 ( 2 )

うぅぅ・・

Excite <山形特急転覆>新たな遺体は検察事務官の江本陽子さん
山形県庄内町のJR羽越線で特急「いなほ14号」が脱線転覆した事故で、27日午後7時55分ごろ、先頭車両の6号車付近から、山形地検鶴岡支部の検察事務官、江本陽子さん(28)=同県鶴岡市泉町=が遺体で収容された。この事故の死者は、いずれも6号車の乗客の5人となった。負傷者は乗員・乗客計32人。さらに2人が行方不明との情報があり、捜索している。

 調べでは、県警と酒田地区消防組合が警察犬を使って捜索中の午後3時45分ごろ、「くの字」に折れ曲がった車両の下で遺体の頭部が見つかり、地面を掘るなどして運び出した。遺体は地面と車両の間に下半身をはさまれるなどしていた。死因は外傷性ショック。

 県警には、26日午前1時半ごろ、江本さんの家族=秋田市在住=から、「本人と連絡が取れず、列車に乗っていた可能性がある」との連絡が寄せられていた。また、4歳くらいの女児を連れた30代の女性が乗っていたとの情報もあり、27日は警察犬も投入、車両の下も含めて捜していた。28日には6号車をつり上げて捜索を続ける。【辻本貴洋、大久保渉】

 ◇ボルト数本損傷

 特急「いなほ14号」の脱線転覆事故で、線路上に残っている最後尾の1号車から約100メートル離れた地点で線路を留めるボルト数本が損傷しているのが27日、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会の調査で分かった。事故調は、ほぼ同じ地点で脱線痕も確認しており、この場所付近が脱線地点とみて調べを進める。

 事故調によると、第2最上川橋梁(きょうりょう)から現場までの間に道路の上を通る長さ数メートルの橋がある。橋の手前の数メートルの範囲で、枕木と線路を留めるボルト数本が損傷していた。また、転覆現場付近では電柱計2本が倒れていた。1号車から橋梁までは263メートルある。

 現場付近は、高さ約5メートルの盛り土の上を線路がほぼまっすぐに走っている。事故調は、列車が橋梁を渡った直後に右側から強い突風を受け、盛り土で行き場を失った風の異常な力で左側に傾き、電柱に次々と接触、脱線転覆した可能性があるとみて原因特定を進めている。【清水隆明、佐藤薫】
--------------------------
非常に尼崎脱線事故と重複して(事故の原因は違えど)また、悲しむ家族がいると思うと
心が痛む。
まだ行方不明の方がいらっしゃるかもしれないとの情報
それも、母子という話だから万が一乗車していたら・・一刻も早く出してあげたい
もちろん現場に携わっている方たちは、血眼になって救助活動をしてくださっている。
「寒い中がんばってください。」

盛り土の影響で車両下側に吹き込んだ強風により尚更不安定になったのと自分勝手に思っている。周辺の同様な箇所も原因追求後何らかの策を早くこうじて欲しい。

亡くなった方のご冥福をお祈り致します。
[PR]
by neti | 2005-12-28 06:08 | 時事

感染症

Excite インフルエンザ流行期に 過去10年で2番目の早さ
厚生労働省は27日、インフルエンザが流行期に入ったと発表した。
 全国約5000カ所の小児科と内科を対象にした定点観測で、1カ所当たり平均の患者数が流行の目安となる1・0人を超えた。ここ10年では1996−97年の冬に次ぎ2番目に早く、昨シーズンより6週ほど早い。
 厚労省は「年末年始は人込みに出る機会が増えるので注意が必要だ。マスクの使用や、帰宅時のうがい、手洗いを」と注意を呼び掛けている。インフルエンザは寒く、乾燥した気候で流行しやすいとされるが、国立感染症研究所は「寒波との関係など、流行が早まった理由は分からない」としている。
 今シーズンは、11月から学校での集団発生が増え始め、11月上旬から12月中旬の間に、全国の幼稚園や小中学校などで約5200人の患者が報告された。学級閉鎖は133校。
------------------------------
つらくとも仕事はしなければいけない大人の世界。
インフルエンザは法律で定められた感染症である
なのでなるべく広めないよう休みましょう。
患者さんの意識が少しでも感染者を減らすのにも役立つと思うのだが。
もちろん、手洗いやうがい、十分な栄養、休養。
いまからだと、予防接種間に合うのかな?
とにかく広めないように注意しましょう。
マスク!くしゃみ出る人はお願いしますよ。
[PR]
by neti | 2005-12-28 06:07 | 時事