HPをお持ちでない人の書き込みや、無意味なコメントは削除する場合があります。


by neti
カレンダー

2006年 01月 15日 ( 3 )

泣けた

Excite <阪神大震災>被災者の「孤独死」 昨年1年間で69人
阪神大震災の被災者が入居する兵庫県の災害復興公営住宅で、1人暮らしの入居者が誰にも看取(みと)られずに死亡するいわゆる「孤独死」が、昨年1年間で69人に上ったことが14日、分かった。亡くなってから1日以内に家族らに発見されたケースがほぼ半数を占めた。遺体が見つかるまでの期間は最長で約20日間。近所の住民らから異臭がするとの指摘で発見されたのが4件あった。

 復興住宅(約2万4200戸)で亡くなるなどし、兵庫県警が遺体を検視した件数を基に毎日新聞が集計した。孤独死者は65歳以上の高齢者が約75%を占め、死因は病死が8割超で、自殺が約1割だった。検視の統計がある00年以降の孤独死は、00年56人▽01年55人▽02年77人▽03年69人▽04年70人——で、6年間の総数は396人。【田中謙吉】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの忌々しい震災からもうすぐ11年
このニュースを読んでパソコンで「阪神大震災」入力そして検索
被災者の方々の手記が無数にある。

その一つ
「阪神大震災を記録しつづける会」

そして どれを読んでも涙が出てくる・・
(お時間のある方読んでみてください改めて震災で人生を変えられた人々の思いが
とても心に響いてきます)

その爪痕が孤独死などというモノを産み続けている 
もちろん様々な事情があるだろうが
政府ももう少し考えてください
自治体ってなんですか?

日本を築き上げてきた大先輩たちに寂しい最期は泣けてきます。
どうにかしろよクソ国会議員さんたちよ!
[PR]
by neti | 2006-01-15 05:35 | 時事

対策

Excite 不審な雪かき業者、相次ぐ 日本海側で高齢者宅に
大雪に見舞われた日本海側で、独り暮らしの高齢者宅などに、料金を示さずに雪かき作業を売り込む不審な業者が相次いで出没していることが14日、分かった。
 除雪中の転落・転倒や倒壊した住宅の下敷きなどで死亡した高齢者が目立っており、自治体は「お年寄りの弱みに付け込む新手の商法」とみて警戒。経済産業省は雪かき作業にクーリングオフの規定を適用できるとする見解を打ち出した。
 国民生活センターによると、実際に料金をだまし取られる被害は13日までに確認されていないが、「高額なサービス料を請求される可能性もある。見積書で金額と作業内容を確認してから契約してほしい」と注意を呼び掛けている。
------------------------
区域が限られてくるので各自治体から末端の町内会などを通じて
警戒してもらいたいモノだ。
こういうときこそ、人口の少ない地方は密に隣近所と連携をとり、不審な業者の締め出しに力をあわせてもらいたい。
都会よりかは締め出すことが出来るのではないか?

雪でつらい地方の方がんばってください。
少し気温があがりそうなので雪崩に注意をしてくださいね。
[PR]
by neti | 2006-01-15 05:01 | 時事

心配

馬に乗った少年、携帯電話を奪う
[リオデジャネイロ・ブラジル 12日 ロイター] ブラジルの警察当局は、混雑した市内におもちゃのピストルを振り回しながら馬に乗って現れ、居合わせた男性から携帯電話を奪った少年を逮捕した。

当局が木曜日、ロイターに明らかにしたところでは、逮捕されたのはリオのスラム街に住む15歳の少年で、乗っていた馬は隣人から借りたものだった。また少年は、地元犯罪グループにカメラ付携帯電話を渡せば、20ドルの報酬を貰える約束をしていた事を認めたという。

少年は市内にある病院の敷地内に馬に乗って侵入し、順番待ちの列に並んでいた男性から携帯電話を奪い取って逃走した。警察が現場から数ブロック離れた場所で少年を発見したが、その時は普通に歩いていたという。馬がどこに行ってしまったのかは不明とのこと。

被害者は、「この地域で、今までに4回携帯電話を奪われたことがありますが、犯人は普通に立っていたり、バイクに乗っていたりしました。でも今回は、馬に乗った少年から『携帯電話をよこせ』と言われ、本当にびっくり仰天しました」と語っていることを地元紙が報じている。
-----------------------------------------------
このニュース馬に乗って携帯を奪ったことが私の目に止まったわけでない。
その後その馬が何処に行ったか?心配なのである
暴れ馬にでもなって町中にけが人はでないのか?とか
リオでは野良馬が普通にいるのか?
ん〜
凄く落ち着かない このニュース。
まさかポーニーじゃ 格好悪いし。。
[PR]
by neti | 2006-01-15 04:50 | 時事